2012年11月28日

日本の温もりを伝える「各地の紬」

美しいキモノ 12月号
(2012年11月20日発売) の目次



日本の温もりを伝える「各地の紬」
きもの愛好家の方々に、いつも愛される紬。糸を染め、丁寧に織り上げる紬のきものには、
日本の伝統と技が詰まっています。約束事のない、カジュアルな場面でさまざまに楽しめる紬は、
おしゃれ着の代表格。各産地の作り手の思いが宿る温もりの紬を大特集します。


●年初めのお稽古は華やかに「初稽古と発表会のきもの」●
和のお稽古を楽しまれている着物愛好家の方々は多いことでしょう。
新年明けての初めてのお稽古である初稽古は、1年の始まりとして華やかなきもので装いたいもの。
また、茶道の初釜など、新春ならではの行事には訪問着で礼を尽くした着こなしが向きます。
この特集では、香道、日本舞踊、筝曲、茶道の四つのお稽古を取り上げて、
新春にふさわしい装いをご紹介します。


●新春の舞台はきもので出掛けよう!「初稽古に向く装い」●
新年明けてすぐの芝居見物は初芝居として、昔から皆に親しまれてきました。
新春のおめでたいムードに包まれた劇場はお正月飾りなど、普段以上に晴れやかな雰囲気で、
きもの姿がとてもよく映えます。初芝居に向くおしゃれな装いをご紹介しましょう。


●北村一輝さんが着こなす「男のきもの」●
北村一輝さん初登場!近年、飛躍的にバリエーションが広がっている男のきもの。
個性的な新作のコーディネイトやきもの通の取材など、もっと自由におしゃれを楽しむための提案企画です。


●どんな体型だって、こんなにキレイ!「体型別」きもの選びのコツ●
お笑いコンビ「アジアン」さん大変身!すっきりゴージャスきもの姿、披露します。
今号では体型の悩みに応えるきもの選びや、コーディネイトのテクニックをご紹介!


●「琉球紅型」の魅力●
染色の宝庫と言われる沖縄で、唯一の染織品である紅型。独特のデザインと色使いは、
南国らしい美しさにあふれています。
今号は琉球王府のもとで発展した高貴な染色の魅力をさまざまな角度から紹介します。


●大切にしたい日本の宝「純国産絹の道」●
蚕はまことによく飼い慣らされた昆虫で、咬みもせず、刺しもせず、鳴くこともなく、
桑を食べては眠ることを繰り返して成長し、大きく満つると、絹の糸を吐いて繭を作ります。
この世の貴い虫というよりありません。
ここから恵まれる生糸に、明治以来、日本は大きく助けられてきました。
この特集では御歌、錦絵、生糸商標、現代の染色作品から二歩の絹の道を見てゆきます。


●振袖スタイル2013●
河北麻友子さんと宮ア香蓮さんがナビゲート!
ともに「全日本国民的美少女コンテスト」出身で注目の若手女優が華やかな振袖で登場。
2人の着こなしで、成人式や謝恩会など、さまざまなシーンに活躍する豪華な装いや可愛い小物を紹介します。


●装いに華やかさを加える「この冬注目の和装小物」●
年末年始はなにかと外出の機会が多いものです。
観劇や音楽鑑賞からクリスマス・パーティ、忘年会をはじめ、お正月には初詣や新年会、
初釜などおめでたい席に出席する機会が多いことでしょう。
そこでこの特集では、クリスマスやお正月の集まりに活躍してくれるバッグやぞうり、
帯〆、帯あげ、髪飾り、帯留などを新作を中心にセレクトしました。
装いをいっそうグレードアップしてくることでしょう。


●冬のおしゃれコート●
ことしの冬もさまざまなデザインコートが揃いました。染色の技法も多様で、さらに生地の種類も豊富です。
冬は、着物姿でのお出掛けが増える楽しい季節です。
防寒コートからちり除けコート、長羽織まで、おしゃれなものを集めてご紹介します。


●今やるべきは「ふっくら保湿」●
あなたの肌は今、潤っていますか?大人肌のスキンケアというとエイジングケアを重要視しがちですが、
美しい肌の基本は”肌を乾かさない=保湿”です。
そこで美肌の達人5人にデイリーでしっかり保水する最強化粧水と、
疲れた肌が一発逆転できるスペシャル保湿コスメを教えていただきました。


●特大別冊付録「きもののお直し&お手入れ手帖」●
★自分でできる!お手入れ&お直し
★究極の技をもつプロに頼む!お手入れ&お直し
★困ったときに頼りになる「お勧めの和裁教室と悉皆先」
posted by kimono at 15:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

夏きものの疑問に答えます!....... 知りたかった着こなしが全部わかる!

美しいキモノ
6月号 (2012年05月19日発売) の目次


知りたかった着こなしが全部わかる!
「夏きものの疑問に答えます!」
六月・九月はひとえ、七月・八月は薄物---この四か月はきものの世界では夏の季節です。
袷の時期以上に約束事が複雑で、きものや帯の素材も豊富なこの季節。
その分、涼しげに夏きものを着こなしている方は注目の的です。
今回、編集部では読者の方に夏のきものの着こなしについて緊急アンケートを実施。
小誌に寄せられた疑問から、もっとおしゃれに装うコーティネイトのノウハウを一挙ご紹介します!


●日本の夏の最高の贈り物「自然布のきもの」●
樹皮の繊維、木の蔓の繊維、草の繊維など天然の繊維を細く裂いて糸にし、
織り上げたものを自然布とよんでいます。植物繊維の独自の肌触りは、
木や草に包まれる心地がして涼やかなため、ことに夏の衣装に好まれています。


●サロンでオーダー&自分で作る「きものヘアスタイル30」●
すっきりとエレガントなヘアデザインこそきものスタイルを完成させる大切なポイントです。
美容院へのオーダーシートとして、または、カジュアルな装いの日に自分で作るために、
この夏に挑戦したいまとめ髪を紹介します。
 
 1.人気サロンが提案する夏のアップスタイル
 2.実践!15分 自分で作るヘアスタイル
 3.ヘアスタイルを楽しむための3つの提案


●颯爽と着こなしたい、洗練スタイル「夏の創作織物」●
経糸と緯糸が織り成す模様に創作性をもつ、洗練された味わいが伝わる夏織物。
作家それぞれの緻密な技によって生まれた魅力的なデザインのきものを紹介します。


●新連載!女優・藤原紀香さん「紀香流きもの誂え道」●
春号で、素敵なお誂えのきものや小物の数々をご披露くださった女優の藤原紀香さん。
今号から、藤原さんのこだわりの誂え術をうかがう連載がスタートします!
いつもパワフルでおしゃれな藤原さん流の誂えワードローブ必見です。


●季節感をまとう上級スタイル「盛夏の婚礼の装い」●
盛夏の婚礼には、できれば盛夏の装いで出席したいものです。
ここでは、きもののしきたりに沿った正統派のスタイルを、ミセスを格調高く彩る黒留袖、
色留袖と、お嬢さまをさらに輝かせる振袖を厳選してご紹介いたします。


●訪問着から夏織物まで、帯合わせの悩み解決!「夏の帯合わせ攻略術」●
きもの大好き!お出掛け大好き!のきものファンの皆様に贈るファッション連載
「私たち、きものLOVERS!」。今号ではきもの初心者なら誰でも悩んでしまう、
夏のきものの帯合わせテクニックをご紹介します。生地の種類も豊富な夏のきものですが、
帯もバリエーション豊か。適切な帯合わせで、あなたらしい素敵なきもの姿を実現させましょう!


●琉球王家の香気を現代に伝える●
古く琉球王国の都であった首里には王家ゆかりの染織が育まれてきました。
染めは紅型と藍型、織物では花倉敷、花織、道屯織をはじめ、さまざまのゆかしい織物が伝えられています。
ここでは、琉球王家とともに歩んだ首里の染織を、作品紹介と歴史解説とでご紹介します。

 1章.気品高い首里染織を着こなす
 2章.若手染織作家の作品
 3章.首里染織の歴史と特徴


●さまざまな素材感を装う「盛夏の織りのきもの」●
夏の日差しを感じるようになると、伝統の小千谷縮や明石縮をはじめ、
涼やかで魅力的な織りのきものが店頭に並びます。きもの好きにとっては心浮き立つ季節の到来です。
この特集では、凝った味わいの織物から気軽に選べる織物まで、たくさんの夏織物を集めてご紹介します。


●コーディネイトの総仕上げ「夏小物でおしゃれに変身」●
小物も夏仕様に衣更えして、装いをランクアップ!
夏ならではの素材とデザインの小物をコーディネイトに取り入れて、
注目されるおしゃれなスタイルを完成させましょう。


●日本情緒あふれる趣が人気です「絞りのゆかた」●
染色技法としてもっとも古い歴史をもつ「絞り」。女性のきものを豪華に飾る絞りの技法を用いた
ゆかたは、優美な趣に人気があります。
清々しい藍染をはじめ、バリエーション豊富なこの夏の新作の絞りゆかたをご紹介しましょう。


●新作ゆかたスタイル帖「ゆかたで巡る神楽坂」●
待ち遠しかったゆかたの季節になりました。高級ゆかたからモダンなものまで、
新作のバリエーションを紹介します。
風情ある町並みの東京・神楽坂を背景に、今年のゆかたスタイルをご覧ください。


●別冊特大付録:装いとマナーのしきたり事典●
 
 第一章:結納から結婚式・披露宴まで
 新婦、母、姉妹、親族、仲人夫人、列席者・・・それぞれの立場や場にふさわしい装い
 第二章:多彩な人生行事
 子供の成長祝い着と付き添う母、祖母の装い。成人式、卒業式、叙勲や金婚式など記念日の装い
 第三章:その他の晴れやかな慶事
 さまざまな式典やパーティでの装い。初釜など趣味の行事や集まりでの装い
 第四章:喪の装い
 通夜、告別式、偲ぶ会、法要・・・遺族、参列者それぞれの立場や場にふさわしい装い
 第五章:冠婚葬祭のマナー
 お祝い、お悔やみ、人生行事などで知っておきたいマナー
posted by kimono at 10:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。