2016年09月22日

美しいキモノ ..... ●“一枚の紬に帯三本”63スタイル ,,,,, 付けさげ活用術

美しいキモノ 2016年秋号
(2016年08月20日発売) 紙版の目次


紙版|デジタル版

付けさげ活用術
四十代からのきものラバーに向けて発信する『美しいキモノ』のファッション特集第三弾は、
重すぎず、華やかな着姿を楽しめる人気の「付けさげ」です。
色や柄によって、セミフォーマルな場面から、友人との集まりまで、幅広いシーンで活躍します。
役立つ付けさげの選び方から、コーディネイトまでこの秋のおしゃれなスタイルをレクチャーします!


●“一枚の紬に帯三本”63スタイル
紬は帯合わせが存分に楽しめるきものです。
染め帯・織り帯などで趣きを変えてもっと自由に楽しみたいもの。
「一枚のきものに帯三本」と言われるように、カジュアルな紬から、
ややドレッシィな絵羽紬まで、一枚の紬にタイプの違う三本の帯のコーディネイトを提案します。


●染織王国 沖縄を訪ねて
紅型、芭蕉布、独特の絣模様など、独自の染織文化を持つ沖縄。
亜熱帯の風土のもと、長く琉球王国が支配し、
日本本土や中国とも交流してきたことから多様な文化を受容・発展させ、
特色ある多数の染織品が生まれました。この特集では、
沖縄本島、離島の各地に生まれた個性豊かな染織品の歴史と現在についてご紹介します。


●女優さんのきもの
素敵なきもの姿を映画や舞台、テレビドラマなどで披露する
女優さんの実生活でのお好みについては興味のあるところです。
ここでは、佐久間良子さん、東ちづるさん、牧瀬里穂さんに
プライベートでのきものを見せていただきました。


●男のきもの最前線 知的に着こなす大人の装い
きものを楽しむ男性がますます増えています。
着こなし上手のキーワードは「ゆとり」や「センス」。
上質なきものや様々な装いをご紹介し、自分らしいスタイルを見つけるための提案をします。


●人気のNHK大河ドラマ『真田丸』の衣装拝見
いよいよクライマックスへ!戦国の世を、知謀と家族愛を貫いて走り抜ける
真田一族を描いて大好評のNHK大河ドラマ『真田丸』。
出演者インタビューを交えながら、華麗なるオリジナル衣装を拝見します。


●「動画も見れる!簡単半衿付け」きもの周りの時短のコツ
準備、着るとき、後片付けなど、どうしてもある程度の時間はかかるもの。
少しでも手早く簡単にできたら、と思う方も多いのでは。
そこで項目別に短時間で済ませるための知識を、きもの愛用者の方にうかがいました。
便利グッズなども紹介します。


【別冊付録】きもので京都
呉服店から食事処・散策コースまで京都の最新情報をたっぷりとお届けします!
posted by kimono at 11:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

「小紋」のおしゃれ最旬メソッド

美しいキモノ
2015年冬号 (2015年11月20日発売) 紙版の目次


紙版|デジタル版

●「小紋」のおしゃれ最旬メソッド
きものには大きな流行の変化がないようにみえるのに、
トレンド感がある人とない人がいるのはなぜ?
それは実はきものにも流行があるからなのです。
アイテム別に最旬のおしゃれ術をレクチャーする、ファッション特集の最終回は、
スペシャルなシーンからデイリーまで幅広いおしゃれが楽しめる小紋の最新スタイルをご紹介します。


●寿ぎの訪問着と付けさげ
新年を迎えると、点初めや初釜、ホテルでの新年会など華やかなお集まりが多く開かれます。
そうした初春にふさわしい訪問着と付けさげを、前半では点初めのシーン別に紹介し、
後半では四人の方々の素敵な訪問着の着こなしを拝見します。


●次世代へつなぐ、日本の染めと織り 第4回近畿編
日本各地で作られてきた、多種多様な染織品の歴史と現在を紹介する特集です。
四回目は近畿地方。
日本の染織文化発祥の地であり、今に至るまで染織をリードしてきた京都を中心に、
温暖な紀伊半島まで実に多くの染織品が育まれました。


●自分でできる“華やか”ヘアスタイル
きものでのお出掛けの機会がぐっと増える年末年始。自分ですっきりとアップができたら…。
そんなお悩みに応える「自分でできる」ヘアスタイル特集です。
様々なシーンで映える美しいアップスタイルの提案を、
ヘア&メイクアップアーティストの二大巨匠に教わります。


●見たい!ドラマ・舞台・映画のきもの
この冬から春にかけて、素敵なきもの姿が見られる作品が数多く登場します。
きものファンなら知りたいのが、衣装のこと。
この特集では、気になるドラマ、舞台、映画の舞台裏を取材。
話題作の衣装について詳しくご紹介します。


●ありがとう、池田重子さん
「日本のおしゃれ展」で、きものの美しさと楽しさを世に広め、
小誌でも連載「池田重子流コーディネイト」を二十年以上続けていただいている池田重子さんが、
去る十月十三日に逝去されました。
今号の進行中に入ってきた訃報に接し、ここに池田重子さんを追悼する特集を企画いたしました。
きもの界に多大な貢献をされた池田重子さんのご冥福を謹んでお祈りし、
心からの感謝の気持ちを込めて本企画を捧げます。


●冬のほっこり真綿紬
寒さが身に染みるこの季節こそ、ふんわりと優しい風合いの真綿紬が恋しくなるもの。
結城紬をはじめ、紬糸を用いた様々なタイプの真綿紬を“仲良し姉妹”がおしゃれに着こなします。
落ち着いた洗練の着こなしの姉タイプと
キュートでフレッシュに着こなす妹タイプ――あなた好みの着こなしを見つけて。


●振袖ときめき活用術
せっかくの素敵な振袖も、成人式後は箪笥の奥にしまったまま・・・では残念です。
若さを象徴する華やかな振袖は、着用できる期間に限りのある贅沢な装い。
もっと振袖を着用するために、卒業式や謝恩会、結婚披露宴、婚礼など様々なシーンでの着こなしを提案します!
posted by kimono at 17:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

美しいキモノ ..... 皇室のボンボニエール 慶びのかたち

美しいキモノ 2015年秋号 (2015年08月20日発売) の目次

皇室のボンボニエール 慶びのかたち 第3回

目次
表紙の人 篠原涼子さん
志村ふくみ、洋子の未来につなぐきもの
きもの花暦 菊の薫り 第3回 賀来千香子さん
きものの目利きになる! 第7回
訪問着&付けさげの最新ドレスアップ
木村 孝さんの本当に知りたい季節のきもの
カジュアルに楽しむランチ紬とドレッシィに楽しむディナー小紋
ギッチャーの温もり
「貝紫」の贈り物
キーワードは“ネイビー”! 今どき大島紬スタイル
「美しいキモノ」セレクトショップ
人間国宝対談 第2回・前編「紬織」志村ふくみ×「羅」「経錦」北村武資
織・色 馥郁たる糸の風韻 松尾鏡子染織展
―織と技の共演―菊池洋守・北村武資展
「大羊居」「大彦」60年ぶりの兄弟展〜THIS IS THE ART〜
染織の祭典「十日町フェア」開催!
「第22回沖縄工芸ふれあい広場」東京で開催
「きものモダニズム」展特別鑑賞会のお知らせ
受講者募集!美しいキモノ・アカデミー
プッチーニ歌劇「トゥーランドット」鑑賞
インフォメーション トピックス
銀座から未来へつなぐきものの心
父と娘で創作する四季の情景 第18回
型絵染のクリエーション
丹後ちりめん品質の証
定期購読のご案内
藤原紀香の未来の匠を訪ねて
元気な作り手に会いに行く 第3回
きものMy Style第7回
女優 柴咲コウさんの「一日弟子入り!」
小池家三姉妹の婚礼衣装
松枝玉記の久留米絣、そして今
池田重子流コーディネイト 四季がたり 秋
桂 宗裕さんの茶の湯の楽しみ
清水ときの誌上きもの大学
対談「ファッションとしてのきもの」
世界でひとつの振袖お誂え
叙勲・結婚式・茶会・パーティ 色留袖活用術
「技巧美」と「意匠美」を併せもつ、振袖と色留袖
ロイヤルデザイナーの入卒式のきもの
晴やかなパーティ訪問着
シンプル&スタイリッシュな大人の大島紬
琳派 美の薫り
京都国立博物館「琳派〜京を彩る」展特別鑑賞会&スペシャルランチ&トークショー
装いをセンスアップしてくれる新作・帯留
きもの美を極めた重厚なフォーマル
衿元のおしゃれ
おしゃれ心をくすぐる長羽織の装い
染織レッドリストを救え!【第3回】中部編
2015男の「旬」きもの
家族で祝う七五三
雨も気にせずきものでお出掛け
雨の日でも、これさえあれば
お稽古きものセレクション
「汗抜き」できものをスッキリ!
お太鼓結びの達人
司 葉子さんのプラチナ世代の受勲の装い
あのときの流行と『美しいキモノ』第7回 黒留袖
英語できもの
きものカフェ
きものでチャレンジ! 第57回
きものの集い
婦人画報のお取り寄せ
インフォメーション カルチャー
協力先リスト
美智子さま きものアルバム
posted by kimono at 16:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

伝統の技と究極の美を求めて 「日本工芸会」60周年のいま

美しいキモノ 12月号
(2013年11月20日発売) 紙版の目次


紙版|デジタル版

伝統の技と究極の美を求めて 「日本工芸会」60周年のいま
日本工芸会正会員の作家約30名が記念作品を制作しました。●
日本の伝統工芸の技術の伝承と発展を目的に昭和30年に発足した「日本工芸会」。
現在「第60回日本伝統工芸展」を開催中です。 「日本工芸会」染織部会にスポットをあて、
その歩みを振り返ると共に、これまでに 小誌で取材させていただいた、
日本工芸会正会員の染織作家の皆様に制作依頼した、 60周年の記念作品を一堂にご紹介します。

第1章 日本工芸会を知る
第2章 人間国宝の仕事
第3章 日本工芸会正会員による60周年制作
第4章 「日本伝統工芸展60回」記念の展覧会が開催されます
着こなしたい!シンプル小紋 VS 華小紋


●お茶会からパーティまでお出掛けシーンに大活躍!
着こなしたい!シンプル小紋 VS 華小紋●
春号からスタートしたファッション掲載 「私たち、きものマドモアゼル」は、
今号で4回目。今号では1枚持っていると、 さまざまなシーンで活躍する小紋を取り上げます。
若い方ならではの華やかな印象小紋と、 着回しの妙を楽しむシンプルな印象の小紋と、
着回しの妙を 楽しむシンプルな印象の小紋2タイプを取り上げ、
タイプ別のコーディネイト実例を提案します。


●成人式やおよばれで際立つ華やかな 振袖スタイル2014●
成人式のための振袖選びは、お嬢様だけではなく、お母様にとっても美しいもの。
この特集では 豪華な新作と実際に素敵な振袖を作られたお嬢様を
ご紹介しますので、ご参考に。


●祇園甲部の人気芸妓 紗矢佳さんの初めての本衣裳誂え●
小誌でお馴染みの芸妓、紗矢佳さんが自前になって初めての 「温習会」で
本衣裳を着て舞台に上がることになりました。
そこで、「つる居」のおかあさんのお勧めもあって本衣裳を新調することに。
今回、特別に黒紋付裾引きの本衣裳ができるまでの京友禅の工程を
密着ルポさせていただくことになりました。
普段見ることができない、希少な芸妓さんのきものの製作現場をご紹介します。


●宝の絹●
純国産絹の華麗なる伝統と次世代への継承
第1章 伊勢神宮と絹
第2章 宮岡製糸場が開いた扉
第3章 奄美の養蚕と島絹の復活
第4章 純国産絹製品と活動紹介


●年末年始の和装小物コレクション●
きものでお出掛けする場面が増える年末年始。
冬らしい雪の結晶柄、サンタクロースなどのクリスマスに ちなんだ柄や、
おめでたい気持ちを高めてくれる吉祥柄をはじめ、 今年も、趣向を凝らした小物が出揃いました。
会話がはずみ、場が盛り上がる華やかな意匠の数々をご紹介します。
別冊特大付録 気楽に楽しむ茶事・茶会便利帖


●別冊特大付録● 
気楽に楽しむ茶事・茶会便利帖
年間を通じての茶事・茶会にふさわしい装いから、
茶事・茶会にかかせない名店のお菓子やお料理をご紹介。
ご自身でお茶会を開かれる方には必見の100ページ特大別冊付録です。
posted by kimono at 17:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

夏きものをアイテム別に60スタイル紹介します。この夏活躍すること間違いなしのきもの揃いです。

美しいキモノ 6月号
(2013年05月20日発売) の目次


●アイテム別・即戦力リスト「夏の60スタイル」●
小誌の創刊60周年にちなんで、
夏きものをアイテム別に60スタイル紹介します。
この夏活躍すること間違いなしのきもの揃いです。


●6月から9月の装いの約束事を徹底解説「夏の着こなしルール」●
きものは六月、九月はひとえ、七月、八月は薄物と夏仕様に変わります。
袷の時期以上に素材が豊富で、着用ルールも難しいこの四か月間をクリアすることで、
きもの上級者への道が開けます。
夏のおしゃれな着こなしとともに、約束事についてを学ぶファッション特集です。


●きもの四季暦 夏の面影●
きものの楽しみのひとつは、季節のエッセンスを装いに取り入れることができること。
四季のある日本ならではの美意識をまとうことができるのは、大和撫子の特権です。
夏の着姿は、涼風が吹いたかのように、暑さを忘れさせてくれます。
盛夏ならではのきもの、上質な麻織物「上布」をご紹介します。


●森と雪の恵みが育む手工芸 こぎん刺しを訪ねて青森へ●
約二百年前に青森県津軽地方や南部地方の農村地帯に生まれたというステッチワーク・こぎん刺しと南部菱刺し。
自家製の麻布を藍染し、白い木綿糸で一針ひと針、身につける家族を思いながら、手刺しされました。
長い冬の間、雪の中で女性たちが作り上げてきた芸術を青森に訪ねます。


●歌舞伎ときものの流行●
江戸時代は、歌舞伎が多大な影響力を持つ流行発信源でした。
当時の人気役者の衣裳から広く親しまれるようになった模様が現代にもいくつも受け継がれています。
歌舞伎のちなみ柄に注目が集まっている今、改めて歌舞伎がきものの流行に与えた影響について考察する特集です。


●価格別「買える」夏カジュアルキモノ●
春号からスタートした新ファッション連載「私たち、きものマドモアゼル」の第二弾は、
盛夏のカジュアルきものを価格別にご紹介します。比較的求めやすいラインをピックアップ。
今、話題の夏旅ディスティネーション・青森ロケでお届けします。


●装いに清涼感をプラス 1週間のお出掛け別夏小物●
涼しげな色や素材の夏小物はきものの装いをさらにおしゃれに見せてくれます。
この特集では、夏の一週間をテーマにお出掛けシーンを想定して小物を選んでみました。
バッグやぞうり、パラソルから半衿、帯〆、帯あげなど、着こなしが楽しくなる小物をご紹介します。


●黒谷友香さんが着る 情緒あふれる高級ゆかた●
きものに準じた着方が楽しめることで近年人気が高まっている高級ゆかた。
絹紅梅や麻の涼しげな新作を、女優・黒谷友香さんの素敵な着姿でご紹介します。


●新作ゆかたでお出掛けしよう!青山ゆかた散策●
藍染の古典柄からカラフルでモダンな模様まで、今年もさまざまなゆかたが揃いました。
お気に入りのゆかたを選んで、お友達とカジュアルなお出掛けを楽しみませんか。


●おしゃれ読者の”きもの女子会”報告記●
巷でブームの女子会は、きもの好きの間でも大流行。Pa r t 1では春に行われた会を実際にリポート。
Part2では夏の会をひと足早く実践。きもので楽しむ10の女子会をご紹介します。


●たいていの方がこうしています 梅雨を控えての雨支度●
雨の日には、「きものを着るのがちょっと気になる」という方が多いのですが、
きもの姿でなければ様にならない場面もたくさんあります。
皆さんが工夫しながら楽しんでいる雨の日の装いと備えておきたい雨支度をご紹介します。


●プラスサイズを魅力に変える驚きのワザを大公開!ふくよかな方のすっきり着付け術●
ふくよかな方がより美しく見える着つけテクニックを特集します。
着つけの悩みをすっきり解消して、もっと素敵なきもの美人を目指しましょう。


●プロのテクニックを伝授!自分でできる「きもの&ゆかたのヘアスタイル」●
美容院に行く時間が取れない早朝からのお出掛けなどの際、
自分で髪型を整えることができれば……、と思っていらっしゃる方も多いはず。
プロのヘア・メイクアップアーティストの方々が「自分でできる」スタイルを提案します。併せ、
プロに教わる洗髪のテクニックやきもののプロがお勧めするまとめ髪グッズもご紹介します。


●新連載「藤原紀香の未来の匠を訪ねて」●
誂えの連載を通じて、きもの作りの現場への興味が高まってきた藤原紀香さん。
伝統工芸に携わる若き作り手を応援する新連載がスタートします。
今号では、伝統ゆかたの染色技法として知られる「注染」の工房を訪ねます。


●【特大別冊付録】日本の伝統染織大辞典●
・日本全国染め・織り産地MAP
・伝統工芸スポット
・全国の染織関連スポット&イベントガイド
・染織ジャンル別索引
posted by kimono at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

アイテム別・即戦力リスト「夏の60スタイル」----- 夏きものをアイテム別に60スタイル紹介します。

美しいキモノ 6月号
(2013年05月20日発売) の目次


アイテム別・即戦力リスト「夏の60スタイル」
小誌の創刊60周年にちなんで、夏きものをアイテム別に60スタイル紹介します。
この夏活躍すること間違いなしのきもの揃いです。


●6月から9月の装いの約束事を徹底解説「夏の着こなしルール」●
きものは六月、九月はひとえ、七月、八月は薄物と夏仕様に変わります。
袷の時期以上に素材が豊富で、着用ルールも難しいこの四か月間をクリアすることで、
きもの上級者への道が開けます。
夏のおしゃれな着こなしとともに、約束事についてを学ぶファッション特集です。


●きもの四季暦 夏の面影●
きものの楽しみのひとつは、季節のエッセンスを装いに取り入れることができること。
四季のある日本ならではの美意識をまとうことができるのは、大和撫子の特権です。
夏の着姿は、涼風が吹いたかのように、暑さを忘れさせてくれます。
盛夏ならではのきもの、上質な麻織物「上布」をご紹介します。


●森と雪の恵みが育む手工芸 こぎん刺しを訪ねて青森へ●
約二百年前に青森県津軽地方や南部地方の農村地帯に生まれたというステッチワーク・こぎん刺しと南部菱刺し。
自家製の麻布を藍染し、白い木綿糸で一針ひと針、身につける家族を思いながら、手刺しされました。
長い冬の間、雪の中で女性たちが作り上げてきた芸術を青森に訪ねます。


●歌舞伎ときものの流行●
江戸時代は、歌舞伎が多大な影響力を持つ流行発信源でした。
当時の人気役者の衣裳から広く親しまれるようになった模様が現代にもいくつも受け継がれています。
歌舞伎のちなみ柄に注目が集まっている今、改めて歌舞伎がきものの流行に与えた影響について考察する特集です。


●価格別「買える」夏カジュアルキモノ●
春号からスタートした新ファッション連載「私たち、きものマドモアゼル」の第二弾は、
盛夏のカジュアルきものを価格別にご紹介します。比較的求めやすいラインをピックアップ。
今、話題の夏旅ディスティネーション・青森ロケでお届けします。


●装いに清涼感をプラス 1週間のお出掛け別夏小物●
涼しげな色や素材の夏小物はきものの装いをさらにおしゃれに見せてくれます。
この特集では、夏の一週間をテーマにお出掛けシーンを想定して小物を選んでみました。
バッグやぞうり、パラソルから半衿、帯〆、帯あげなど、着こなしが楽しくなる小物をご紹介します。


●黒谷友香さんが着る 情緒あふれる高級ゆかた●
きものに準じた着方が楽しめることで近年人気が高まっている高級ゆかた。
絹紅梅や麻の涼しげな新作を、女優・黒谷友香さんの素敵な着姿でご紹介します。


●新作ゆかたでお出掛けしよう!青山ゆかた散策●
藍染の古典柄からカラフルでモダンな模様まで、今年もさまざまなゆかたが揃いました。
お気に入りのゆかたを選んで、お友達とカジュアルなお出掛けを楽しみませんか。


●おしゃれ読者の”きもの女子会”報告記●
巷でブームの女子会は、きもの好きの間でも大流行。Pa r t 1では春に行われた会を実際にリポート。
Part2では夏の会をひと足早く実践。きもので楽しむ10の女子会をご紹介します。


●たいていの方がこうしています 梅雨を控えての雨支度●
雨の日には、「きものを着るのがちょっと気になる」という方が多いのですが、
きもの姿でなければ様にならない場面もたくさんあります。
皆さんが工夫しながら楽しんでいる雨の日の装いと備えておきたい雨支度をご紹介します。


●プラスサイズを魅力に変える驚きのワザを大公開!ふくよかな方のすっきり着付け術●
ふくよかな方がより美しく見える着つけテクニックを特集します。
着つけの悩みをすっきり解消して、もっと素敵なきもの美人を目指しましょう。


●プロのテクニックを伝授!自分でできる「きもの&ゆかたのヘアスタイル」●
美容院に行く時間が取れない早朝からのお出掛けなどの際、
自分で髪型を整えることができれば……、と思っていらっしゃる方も多いはず。
プロのヘア・メイクアップアーティストの方々が「自分でできる」スタイルを提案します。併せ、
プロに教わる洗髪のテクニックやきもののプロがお勧めするまとめ髪グッズもご紹介します。


●新連載「藤原紀香の未来の匠を訪ねて」●
誂えの連載を通じて、きもの作りの現場への興味が高まってきた藤原紀香さん。
伝統工芸に携わる若き作り手を応援する新連載がスタートします。
今号では、伝統ゆかたの染色技法として知られる「注染」の工房を訪ねます。


●【特大別冊付録】日本の伝統染織大辞典●
・日本全国染め・織り産地MAP
・伝統工芸スポット
・全国の染織関連スポット&イベントガイド
・染織ジャンル別索引
posted by kimono at 13:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

日本の温もりを伝える「各地の紬」

美しいキモノ 12月号
(2012年11月20日発売) の目次



日本の温もりを伝える「各地の紬」
きもの愛好家の方々に、いつも愛される紬。糸を染め、丁寧に織り上げる紬のきものには、
日本の伝統と技が詰まっています。約束事のない、カジュアルな場面でさまざまに楽しめる紬は、
おしゃれ着の代表格。各産地の作り手の思いが宿る温もりの紬を大特集します。


●年初めのお稽古は華やかに「初稽古と発表会のきもの」●
和のお稽古を楽しまれている着物愛好家の方々は多いことでしょう。
新年明けての初めてのお稽古である初稽古は、1年の始まりとして華やかなきもので装いたいもの。
また、茶道の初釜など、新春ならではの行事には訪問着で礼を尽くした着こなしが向きます。
この特集では、香道、日本舞踊、筝曲、茶道の四つのお稽古を取り上げて、
新春にふさわしい装いをご紹介します。


●新春の舞台はきもので出掛けよう!「初稽古に向く装い」●
新年明けてすぐの芝居見物は初芝居として、昔から皆に親しまれてきました。
新春のおめでたいムードに包まれた劇場はお正月飾りなど、普段以上に晴れやかな雰囲気で、
きもの姿がとてもよく映えます。初芝居に向くおしゃれな装いをご紹介しましょう。


●北村一輝さんが着こなす「男のきもの」●
北村一輝さん初登場!近年、飛躍的にバリエーションが広がっている男のきもの。
個性的な新作のコーディネイトやきもの通の取材など、もっと自由におしゃれを楽しむための提案企画です。


●どんな体型だって、こんなにキレイ!「体型別」きもの選びのコツ●
お笑いコンビ「アジアン」さん大変身!すっきりゴージャスきもの姿、披露します。
今号では体型の悩みに応えるきもの選びや、コーディネイトのテクニックをご紹介!


●「琉球紅型」の魅力●
染色の宝庫と言われる沖縄で、唯一の染織品である紅型。独特のデザインと色使いは、
南国らしい美しさにあふれています。
今号は琉球王府のもとで発展した高貴な染色の魅力をさまざまな角度から紹介します。


●大切にしたい日本の宝「純国産絹の道」●
蚕はまことによく飼い慣らされた昆虫で、咬みもせず、刺しもせず、鳴くこともなく、
桑を食べては眠ることを繰り返して成長し、大きく満つると、絹の糸を吐いて繭を作ります。
この世の貴い虫というよりありません。
ここから恵まれる生糸に、明治以来、日本は大きく助けられてきました。
この特集では御歌、錦絵、生糸商標、現代の染色作品から二歩の絹の道を見てゆきます。


●振袖スタイル2013●
河北麻友子さんと宮ア香蓮さんがナビゲート!
ともに「全日本国民的美少女コンテスト」出身で注目の若手女優が華やかな振袖で登場。
2人の着こなしで、成人式や謝恩会など、さまざまなシーンに活躍する豪華な装いや可愛い小物を紹介します。


●装いに華やかさを加える「この冬注目の和装小物」●
年末年始はなにかと外出の機会が多いものです。
観劇や音楽鑑賞からクリスマス・パーティ、忘年会をはじめ、お正月には初詣や新年会、
初釜などおめでたい席に出席する機会が多いことでしょう。
そこでこの特集では、クリスマスやお正月の集まりに活躍してくれるバッグやぞうり、
帯〆、帯あげ、髪飾り、帯留などを新作を中心にセレクトしました。
装いをいっそうグレードアップしてくることでしょう。


●冬のおしゃれコート●
ことしの冬もさまざまなデザインコートが揃いました。染色の技法も多様で、さらに生地の種類も豊富です。
冬は、着物姿でのお出掛けが増える楽しい季節です。
防寒コートからちり除けコート、長羽織まで、おしゃれなものを集めてご紹介します。


●今やるべきは「ふっくら保湿」●
あなたの肌は今、潤っていますか?大人肌のスキンケアというとエイジングケアを重要視しがちですが、
美しい肌の基本は”肌を乾かさない=保湿”です。
そこで美肌の達人5人にデイリーでしっかり保水する最強化粧水と、
疲れた肌が一発逆転できるスペシャル保湿コスメを教えていただきました。


●特大別冊付録「きもののお直し&お手入れ手帖」●
★自分でできる!お手入れ&お直し
★究極の技をもつプロに頼む!お手入れ&お直し
★困ったときに頼りになる「お勧めの和裁教室と悉皆先」
posted by kimono at 15:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

夏きものの疑問に答えます!....... 知りたかった着こなしが全部わかる!

美しいキモノ
6月号 (2012年05月19日発売) の目次


知りたかった着こなしが全部わかる!
「夏きものの疑問に答えます!」
六月・九月はひとえ、七月・八月は薄物---この四か月はきものの世界では夏の季節です。
袷の時期以上に約束事が複雑で、きものや帯の素材も豊富なこの季節。
その分、涼しげに夏きものを着こなしている方は注目の的です。
今回、編集部では読者の方に夏のきものの着こなしについて緊急アンケートを実施。
小誌に寄せられた疑問から、もっとおしゃれに装うコーティネイトのノウハウを一挙ご紹介します!


●日本の夏の最高の贈り物「自然布のきもの」●
樹皮の繊維、木の蔓の繊維、草の繊維など天然の繊維を細く裂いて糸にし、
織り上げたものを自然布とよんでいます。植物繊維の独自の肌触りは、
木や草に包まれる心地がして涼やかなため、ことに夏の衣装に好まれています。


●サロンでオーダー&自分で作る「きものヘアスタイル30」●
すっきりとエレガントなヘアデザインこそきものスタイルを完成させる大切なポイントです。
美容院へのオーダーシートとして、または、カジュアルな装いの日に自分で作るために、
この夏に挑戦したいまとめ髪を紹介します。
 
 1.人気サロンが提案する夏のアップスタイル
 2.実践!15分 自分で作るヘアスタイル
 3.ヘアスタイルを楽しむための3つの提案


●颯爽と着こなしたい、洗練スタイル「夏の創作織物」●
経糸と緯糸が織り成す模様に創作性をもつ、洗練された味わいが伝わる夏織物。
作家それぞれの緻密な技によって生まれた魅力的なデザインのきものを紹介します。


●新連載!女優・藤原紀香さん「紀香流きもの誂え道」●
春号で、素敵なお誂えのきものや小物の数々をご披露くださった女優の藤原紀香さん。
今号から、藤原さんのこだわりの誂え術をうかがう連載がスタートします!
いつもパワフルでおしゃれな藤原さん流の誂えワードローブ必見です。


●季節感をまとう上級スタイル「盛夏の婚礼の装い」●
盛夏の婚礼には、できれば盛夏の装いで出席したいものです。
ここでは、きもののしきたりに沿った正統派のスタイルを、ミセスを格調高く彩る黒留袖、
色留袖と、お嬢さまをさらに輝かせる振袖を厳選してご紹介いたします。


●訪問着から夏織物まで、帯合わせの悩み解決!「夏の帯合わせ攻略術」●
きもの大好き!お出掛け大好き!のきものファンの皆様に贈るファッション連載
「私たち、きものLOVERS!」。今号ではきもの初心者なら誰でも悩んでしまう、
夏のきものの帯合わせテクニックをご紹介します。生地の種類も豊富な夏のきものですが、
帯もバリエーション豊か。適切な帯合わせで、あなたらしい素敵なきもの姿を実現させましょう!


●琉球王家の香気を現代に伝える●
古く琉球王国の都であった首里には王家ゆかりの染織が育まれてきました。
染めは紅型と藍型、織物では花倉敷、花織、道屯織をはじめ、さまざまのゆかしい織物が伝えられています。
ここでは、琉球王家とともに歩んだ首里の染織を、作品紹介と歴史解説とでご紹介します。

 1章.気品高い首里染織を着こなす
 2章.若手染織作家の作品
 3章.首里染織の歴史と特徴


●さまざまな素材感を装う「盛夏の織りのきもの」●
夏の日差しを感じるようになると、伝統の小千谷縮や明石縮をはじめ、
涼やかで魅力的な織りのきものが店頭に並びます。きもの好きにとっては心浮き立つ季節の到来です。
この特集では、凝った味わいの織物から気軽に選べる織物まで、たくさんの夏織物を集めてご紹介します。


●コーディネイトの総仕上げ「夏小物でおしゃれに変身」●
小物も夏仕様に衣更えして、装いをランクアップ!
夏ならではの素材とデザインの小物をコーディネイトに取り入れて、
注目されるおしゃれなスタイルを完成させましょう。


●日本情緒あふれる趣が人気です「絞りのゆかた」●
染色技法としてもっとも古い歴史をもつ「絞り」。女性のきものを豪華に飾る絞りの技法を用いた
ゆかたは、優美な趣に人気があります。
清々しい藍染をはじめ、バリエーション豊富なこの夏の新作の絞りゆかたをご紹介しましょう。


●新作ゆかたスタイル帖「ゆかたで巡る神楽坂」●
待ち遠しかったゆかたの季節になりました。高級ゆかたからモダンなものまで、
新作のバリエーションを紹介します。
風情ある町並みの東京・神楽坂を背景に、今年のゆかたスタイルをご覧ください。


●別冊特大付録:装いとマナーのしきたり事典●
 
 第一章:結納から結婚式・披露宴まで
 新婦、母、姉妹、親族、仲人夫人、列席者・・・それぞれの立場や場にふさわしい装い
 第二章:多彩な人生行事
 子供の成長祝い着と付き添う母、祖母の装い。成人式、卒業式、叙勲や金婚式など記念日の装い
 第三章:その他の晴れやかな慶事
 さまざまな式典やパーティでの装い。初釜など趣味の行事や集まりでの装い
 第四章:喪の装い
 通夜、告別式、偲ぶ会、法要・・・遺族、参列者それぞれの立場や場にふさわしい装い
 第五章:冠婚葬祭のマナー
 お祝い、お悔やみ、人生行事などで知っておきたいマナー
posted by kimono at 10:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

現代版 小紋暮らし67スタイル ....... この春に着てみたいクール派vsスウィート派

美しいキモノ
□ 2012/02/20発売号



●私だけの一枚に出会う お誂えの楽しみ!●
きもののおしゃれを楽しむにつれ、ありきたりのものでは満足が出来なくなってくるもの。
自分だけの一枚を、思いのほか気軽に誂えることが出来るのはきものならではの醍醐味です。
この特集では、お誂えの楽しみ方を全方位から取材。
お誂えに挑戦したいと思う、読者の皆さまのさまざまな疑問にお答えします。
第一章:女優 藤原紀香さん「紀香流」お誂え術拝見します
第二章:お誂えの現場を取材しました
第三章:達人のお誂えに学ぶ
第四章:お誂えのキーワード4
第五章:百貨店のお誂えを体験しました
第六章:お誂えの名店を訪ねて

この春に着てみたいクール派vsスウィート派 現代版 小紋暮らし67スタイル
繰り返し模様が特徴の小紋は、柄ゆきによってパーティからカジュアルなお出掛けまで、
幅広く着こなせるのが魅力のきものです。今回はさまざまなデザインの小紋をはじめ、
クールとスウィートの好みによる着こなしを紹介します。
第一章:女優 高島礼子さんの着こなしで紹介する「それぞれのシーンで楽しむ春小紋」
第二章:クール派とスウィート派で紹介する「小紋暮らし三か月コーディネイト」
第三章:タイプ別 小紋のコーディネイト実践編
第四章:素敵な小紋暮らしのためのQ&A

●パーソナルカラー診断で色を味方に! 自分に似合う色選び●
きもの大好き!お出掛け大好き!のきものファンの皆さまに贈るファッション連載
「私たちきものLOVERS!」。二年目を迎えた今号では、自分に似合う色を味方につけて、
より美しいきもの姿を実現するためのアドバイスを一挙にご紹介します。
「パーソナルカラー」診断も踏まえ、自分を引き立てる色の力を味方にしましょう!

● 5月から着る ひとえ御召大活用!●
近年は温暖化の影響で、衣替え前後に暑い日が続きます。
この特集では、気候に合わせた装いとして、ひとえの先取りを提案。
幅広く着こなせるひとえ御召で五月、六月の装いをお見せします。

●春のお集まりに役立つドレスアップきもの 開運!吉祥模様の訪問着●
松竹梅や宝尽くしに代表される吉祥文様は、おめでたい祝いや、
さまざまな慶びの場にふさわしい開運の模様として用いられています。
この特集では、結婚披露宴から祝賀のパーティなどに役立つ、華やかな吉祥模様の
訪問着をご紹介し、併せて吉祥模様の由来についても解説します。

●コーディネイトが楽しくなる 春色小物図鑑●
春のお出掛けを楽しむ軽やかな装いにおすすめの新作小物を紹介します。
コーディネイトのポイントに取り入れてはいかが。

●麗しの近世舶載染織「名物裂」入門●
きものや茶道に通じている方なら、少なからず「名物裂」の名を耳にされていたことがあると思います。
今回は、この「名物裂」を歴史、裂としての美、茶の湯との関わりなど、
いくつかの視点から概観し、遠い昔より人々の心をとらえてやまない染織美を特集します。
第一章:「名物裂」・・・その歴史と定義
第二章:復元裂で愉しむ「名物裂」今様手鑑
第三章:茶の湯と名物裂「茶入と仕覆の取り合わせ」
第四章:現代に蘇る名物裂模様のきもの
第五章:後ろ姿に品格を添える名物裂写しの帯

●数え十三歳の少女の幸せを願う 十三参りのきもの●
数え十三歳の春に、知恵と福徳を授かるためにお参りする「十三参り」。
この特集では、新作の祝い着と実際にお参りされた方のスナップを交えてご紹介します。

●春先から晩春までのお出掛けに重宝なコート●
春になると、冬用の重いコートから軽やかな素材のコートに着替えます。
暖かな日には透ける素材のコートをちり除けにし、まだ肌寒い日には、
袷仕立てでも軽快な印象のデザインコートがあると重宝します。

●腰紐と伊達締大研究!●
腰紐と伊達締は着つけの要。自分に合った紐類を選ぶことが大切です。
今号では、伊達締と腰紐を大特集。きもの通の紐選びや工夫の取材も合わせてご覧ください。

●特大別冊付録 染め帯四季暦230柄総覧!●
第一章:季節を愛でる
第二章:幸せを呼ぶ柄をまとう
第三章:染色作家が手がけた個性ある帯
第四章:模様をまとう楽しみ
第五章:オリジナルが魅力の染め帯
第六章:表情豊かな刺繍の帯
第七章:夏を装う染め帯


posted by kimono at 16:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

「高級ゆかた」でおしゃれ度アップ作戦.....長谷川京子さんが着こなす大人ゆかた......

美しいキモノ
□ 2011/05/20発売号


「高級ゆかた」でおしゃれ度アップ作戦
きもの大好き!お出掛け大好き!のきものファンの皆さまに贈るファッション連載「私たち、きものLOVERS!」。
春号よりスタートした新シリーズの第二弾は夏きものの代名詞・ゆかたの着こなしをご紹介します。
おしゃれな皆さまにお勧めしたい、きもの風に着こなせる高級のゆかたを一挙に取り上げます。

・「高級ゆかた」でおしゃれ度アップ作戦1章
長谷川京子さんが着こなす大人ゆかた

・「高級ゆかた」でおしゃれ度アップ作戦2章
大人の着こなしを約束する「高級ゆかた」着こなし術

・「高級ゆかた」でおしゃれ度アップ作戦3章
半衿付き?なし?着こなし幅アップのコーディネイト実例

・「高級ゆかた」でおしゃれ度アップ作戦4章
着こなし幅を広げる帯結びベスト7


●小紋と紬で夏稽古●
夏のきものは、季節感のある模様と生地の種類が豊富で、選ぶときには迷うほどです。
ここでは、夏らしい涼やかな小紋と、透ける魅力いっぱいの絣織物を中心に、
夏のお稽古にふさわしい装いをご紹介します。


●日本の風土が育てた自然布のきもの●
日本の夏の蒸し暑さは、各地で特徴ある夏織物を育てました。
中でも、自然の植物を素材にした布はまるで野山の風や光をそのまま身にまとう心地がするため、
愛好家は夏をまちこがれます。
ここでは代表的な自然布のきものと、希少な素材の帯をご紹介します。


●昭和天皇から紀宮清子さまに至る 日本のロイヤルウエディング●
風薫る四月、英国のウィリアム王子の結婚式が華やかに行われ、世界の注目を集めました。
これを機に英国同様、長く受け継がれてきた日本の皇室の結婚式を改めて見つめ、
伝統衣装の重みを考えてみました。
ここでは昭和天皇から紀宮清子様に至るまでの婚約時代やご婚儀を中心に、
華麗な宮廷装束や優雅なきもの姿をご紹介いたします。


●博多織を訪ねて●
江戸時代に幕府に献上されたことから名づけられた仏教道具に想を得た献上柄に代表される博多織の帯。
経糸ぶ七〇〇〇本以上を用いるため、固くしまったしなやかな帯地に織り上がります。
現在では、幅広いデザインの帯やきものが作られています。
今回編集部は、博多織の故郷福岡を訪ね、博多織の魅力に迫る大特集です。


●新連載 祗園 甲部新人芸舞妓の四季●
結い上げた日本髪に艶やかなお引き姿――いにしえの都、京都の舞妓さんや芸妓さんに憧れる女性は多いのではないでしょうか。
以前小誌の十三参り取材などにご登場いただいたお嬢さまがこの度、
めでたく祗園甲部の舞妓・紗月ちゃんとして店出しをすることになりました。
そして同じ日に衿替えをし、芸妓になることになった紗矢佳さん。紗矢佳さんのお母さまも、小社とのご縁がある方。
深い縁を感じさせるおふたりの新人芸妓としての日々をご紹介する新連載です。
普段なかなか目にすることのできない花街の行事を、
初回スペシャルとして拡大十二ページでご紹介いたします。


●おしゃれの気合いで暑気払い 涼を呼ぶ夏小物●
装いの仕上げは、涼やかな小物使い。夏ならではの小物を選べば、
おしゃれの完成度もいっそう高まります。
透ける生地は自然布など、多様な素材も夏小物の楽しみ。
小さなおしゃれで涼しくなりましょう。


●裏表紙から きもの好き133人の夏姿ファイル●
東京・中部、関西、福岡の3つのエリアから、
きもの好きの読者の肩に自慢の夏姿で登場していただきました。
100以上のバリエーション豊かなコーディネイトや、
すぐにでも実践できるおしゃれテクニックがぎっしり。
夏のきものの楽しみ方やこの夏の装いをヒントにしてみてはいかがでしょう。


■特別別冊付録 自分でできるヘア・カタログ■

きもののヘアスタイル
第1章
part1
誌面でおなじみ トップスタイリストによる
「自分でできる」きものヘアスタイル
part2
保存版 きものヘアスタイル オーダーシート

第2章
実力派スタイリストによる
「自分でできる&オーダーしたい」きものヘアスタイル
ゆかたのヘアスタイル

第3章
トップスタイリストによる
「自分でできる」ゆかたヘアスタイル

第4章
実力派スタイリストによる
「自分でできる」ゆかたヘアスタイル
簡単3ステップでできるヘアスタイル

第5章
楽々・シンプル・超簡単
「旅先でできる」ヘアスタイル

第6章
「美しいキモノ」愛読者の皆様ご推薦
きもの愛好家行きつけの美容室ガイド

posted by kimono at 15:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

いまどき紬 徹底研究

美しいキモノ
□ 2011/02/19発売号



【大特集】刺繍の美

いまどき紬 徹底研究
★最強の社交スタイル訪問着
★皇室好みのきもの
★雛祭茶会の装い
★十三参り
★特別別冊付録 京都きもの散歩

posted by kimono at 13:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

小紋の着こなし150−お稽古からお出掛けまで大活躍!

美しいキモノ
□ 2010/11/20発売号



60ページ総力特集 小紋の着こなし150−お稽古からお出掛けまで大活躍!/

私たち、「きもの・ガールズ!」第8弾 好きです!「付けさげ」活用術−ドレッシィすぎず、軽すぎない、着こなし幅が魅力です/

日本の絹の魅力再発見−きもののために育まれてきた/別冊付録 

posted by kimono at 21:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

美しいキモノ..... ■ 紬 A to Z ■ ----- 紬の逸品から紬のコーディネイトテクニックや各産地の紬の特徴まで紬のことが全部わかる大特集です!

美しいキモノ
□ 2010/08/20発売号



■紬 A to Z■
糸を染めて、織り上げる紬のきものは、きもの愛好家に息の長い人気を誇っています。約束ごとのない、カジュアルな場面で楽しむ紬は、自分らしいおしゃれが楽しめる絶好のアイテム。そこで、今回『美しいキモノ』初の紬大特集を企画しました。文化財指定の紬の逸品から紬のコーディネイトテクニックや各産地の紬の特徴まで紬のことが全部わかる大特集です!

★紬茶会へようこそ★
「紬織」の重要無形文化財保持者の志村ふくみさんと母と同じ道を歩む染織作家の洋子さん。京都の嵯峨、藤原定家ゆかりの寺、厭離庵(えんりあん)でおふたりが披いた「紬茶会」の世界へご案内します。

■「今どき」パーティ・スタイル■
きもの大好き、おしゃれ大好きな「きもの・ガールズ」に贈るファッション特集。およばれやお出掛けの機会が増える秋にお薦めの、人より一歩進んだパーティの装いをご紹介します。新しいコーディネイトで去年とは違った私を演出しましょう!

★記念日のきもの★
人生には成長にしたがってさまざまな記念日があり、きものを着ることでお祝いの姿が整い、その記念写真は永遠に家族のきずなを語ります。ここでは、「七五三」「十三参り」「結婚式」の装いをご紹介します。

■特別別冊付録/きものイエローページ■
1章/きもののお手入れはお任せ! お薦めの悉皆店リスト
2章/気兼ねなく仕立てだけ頼みたい! 仕立ては腕自慢のこの店に
3章/困ったときの味方 何でも相談できる便利スペース&お役立ちグッズ
4章/初心者からもっと上達したい人まで歓迎! 着つけ・和裁を学べる学校
5章/いざという日はここできれいになる! アップスタイルが上手な美容室
6章/知的好奇心を満たすお出掛けスポット
染織品が充実した博物館・美術館&染織体験教室・文化講座


posted by kimono at 00:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

夏のきもの122日

美しいキモノ
□ 2010/05/20発売号


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★夏のきもの122日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6〜9月の夏の季節は、きものの着用ルールやしきたりに悩む季節。
そこで、夏の4か月間毎日のコーディネイトをその日の予定とともにご紹介します。
ひとえから薄物へ、微妙に変わるコーディネイトの約束ごとや
おしゃれの秘訣がひと目でわかるファッション大特集です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★別冊付録 きもの用語辞典2010年版
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
木村 孝さんを監修に、きものの用語を網羅した、毎回好評の付録です。
2010年の実情に合うように各用語を精選し、使いやすくしています。
カラー図版も豊富な、永久保存版です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★藍の魅力
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世界的にもっとも古い染色技法のひとつといわれる藍染。日本においても、
空の色にも、海の色にも思える藍の美しい彩りは人々の心をとらえてきました。
ジャパン・ブルーの言葉で知られるように、日本を象徴する色ともいえる藍。
藍の色を染める技法から、藍染のきものまで、
さまざまな角度から藍の魅力をご紹介する特集です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★カジュアルに決める 夏のきもの作戦
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
きもの大好き、おしゃれ大好きなきものファンに贈るファッション特集
「きもの・ガールズ」。今回はゆかたから一歩進んだ盛夏のきものにトライしたい!
という方に向けてカジュアルな夏織物と小紋をご紹介します。
盛夏の町をきもので颯爽と歩いていただけるよう、最新作を揃えました。
コーディネイト実例とともに「夏カジュアル制覇」を目指しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★日本のきものブランド55
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
毎号小誌でご紹介しているたくさんのきものや帯、小物が、どのような企業で
作られているブランドなのか、ご存知ない方も多いと思います。
ブランドの由来や特徴を知っていれば、装うときに親しみが増すことでしょう。
ここでは「日本のきものブランド」55を厳選し、商品の特色と、
各社の歴史やもの作りにかけるこだわりをうかがいました。今後のきものや帯、
小物選びの参考にお役立てください

posted by kimono at 15:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

美しいキモノ ------ お稽古からお茶会まで 毎日コーディネイト提案・・・・・★茶会のきもの3ヵ月

美しいキモノ
□ 2010/02/20発売号



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お稽古からお茶会まで 毎日コーディネイト提案
★茶会のきもの3ヵ月
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

茶会に招かれたとき、どのような装いにしようか迷ったことはありませんか。
この特集では、二月下旬から初夏の頃までの三か月の、さまざま趣旨の茶会に適う
着こなしをご紹介します。幅広い年代の方が楽しめるよう、きものの選択にも
幅をもたせました。ファッションを中心にした「装いコーディネイト編」、
実際の茶会を訪ねた「茶の湯実践編」に分けて、多様な茶会の装いをご紹介します。

・第一章◉晴やかな春の茶会
・第二章◉厳かな追善の装い
・第三章◉茶会のコーディネイト・レッスン
・第四章◉お茶会拝見
・第五章◉あなたも体験できる茶会訪問

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たち、「きもの・ガールズ」!●第5弾
★I LOVE 紬!宣言
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年四回にわたり、お届けした「きもの・ガールズ」。いつでもおしゃれを
忘れないきものファンに向けて、最新の着こなし情報をお届けします。
今回取り上げるのは、みんなが大好きな「紬」。ニットのようにカジュアルに
着ることも、ワンピースのようにおめかしすることもできる紬。
新作紬を揃えてご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
紅花紬に米沢紬…。温もりの織物を見つけに東北へ
★山形染織紀行
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本州最北の織物産地として名高い山形県。特に米沢市を中心とした県南部の置
賜(おいたま)地方は、最上紅花を筆頭に染材となる多くの植物に恵まれ、
江戸時代には、藩政によっても奨励されたため、さまざまな種類の織物が生まれました。
今回は現在も生き続ける伝統の織物を中心に、豊かな自然が残る米沢の魅力をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人が古から大切に伝えてきた、森羅万象のデザイン
★別冊付録 文様図鑑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本のきものほど、様々な文様を多彩に美しく表した衣装はありません。
日本人は森羅万象、あらゆるものを意匠化し、文様装飾として使いこなしてきました。
美しい自然や豊かな四季に恵まれた地に暮らす日本人の美意識によって
生み出され、磨かれた文様は、現代のきものや帯に伝えられています。きものの
格付けは、文様によって決まるといっても過言ではありません。文様を知ることによって、
染織品に対する知識が養われ、きものを着る楽しさが深まることでしょう。

posted by kimono at 15:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

アラウンド60の初めてのお稽古きもの

美しいキモノ

□ 2009/11/20発売号



★アラウンド60の初めてのお稽古きもの

趣味のお稽古では、どのような装いがふさわしいでしょうか。
この特集では、これからお稽古を始めたいという方に向け、
茶道、香道、地唄舞、長唄の各先生方に稽古の実際と装いについてご指導いただきました。
併せて各流派のお稽古ガイドも紹介します。

★男のきものおしゃれ読本

今おしゃれな男性の間ではきものがブーム。「男のきものの特集はないんですか?」という
男性きもの愛好家の熱い思いに応えて、基礎から応用編まで総力を結集してお送りする大特集です。

★別冊付録 大島紬の魅力

多くの女性の憧れの的、本場大島紬。光沢のある生地に精緻な絣模様、しなやかで
軽い地風が特徴です。「本場大島紬」の名は高級ブランドとして知られ、
きもの愛好家にとって欠かせないアイテムとなっています。
今回は、個性豊かな現代の秀作を含め、上質な街着として活躍するタイプを一堂に揃えました。
「美しいキモノ」が今、再び注目する大島紬。その世界をご堪能ください。


★別冊付録 きものセミオーダー・ガイド

今まで本当に欲しかったきものを、求めやすい価格で。
希望に合わせて一枚一枚染めるセミオーダーきものをお届けします。
第1章 訪問着
PART1 京の匠の技を味わう「逸品」訪問着
PART2 気品あふれる「クラシカル」訪問着
PART3 繊細な表現に引かれる「草花模様」訪問着
PART4 都会的なセンスを味わう「モダン」訪問着
第2章 小紋
PART1 凝った味わいの「個性派」小紋
PART2 お集まりの席でも活躍する「華やか」小紋
PART3 シックな雰囲気でまとめる「モダン」小紋
PART4 落ち着きのある「しっとり」小紋
PART5 お稽古からお出掛けまで重宝する「さっぱり」小紋
第3章 染め帯
豊かな彩りの自然モチーフ/きりりとした抽象デザイン


 
posted by kimono at 23:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

◆きもので行く「旅支度」◆

 
美しいキモノ

□ 2009/08/20発売号



………………………………………………………………………
「アラウンド60」のための上級コーディネイト指南
◆きもので行く「旅支度」◆
………………………………………………………………………

年齢を重ねてますます輝く「アラウンド60」の方々に向けての
連載ファッション特集三回目のテーマはきもので行く旅のおしゃれ。
秋は旅のベストシーズン。
大人の女性ならではの上質な旅スタイルを様々な角度から提案します。

………………………………………………………………………
私たち、「きもの・ガールズ」!
◆第3回 「織り絵羽」「 染め紬」でおしゃれ度アップ!◆
………………………………………………………………………

きもの大好き派のおしゃれな女性たちに向けて春号から始まった連載「きもの・ガールズ」。
秋号はそんな「きもの・ガールズ」たちが今、注目しているアイテム、
「織り絵羽」と「染め紬」をご紹介します。一歩先行くおしゃれで今秋を楽しみましょう。

……………………………………………………………………… 1
日本人の美意識をまとう
◆河村隆一さん きものと出会う◆
………………………………………………………………………

数々のヒット曲でおなじみアーティストの河村隆一さん。
日本人のアイデンティティを意識したことからきものに関心をもち、
和装での写真集を発売されました。
すべてご自身のきもので撮影に臨まれた河村さん流の
きもののおしゃれについておうかがいしました。

……………………………………………………………………… シーンに合ったコーディネイトを楽しむ
◆観劇小紋とお稽古小紋◆
………………………………………………………………………

街着として活躍する小紋は、バリエーションの豊富さと着やすさがきもの愛好家に人気です。
そこで、小紋を着て行きたい場所の代表格、観劇とお稽古のシーンに向く小紋をご紹介します。
コーディネイトしだいで様々に楽しめる小紋の着こなし術を学びましょう。

………………………………………………………………………
【別冊付録】 全部知りたい! シリーズ3
◆子供の成長祝いときもの◆
………………………………………………………………………

昔から行われてきた子供の誕生や成長を祝うさまざまな行事。
神や仏の加護を願い、成長の節目節目で子供の発育の無事を祈ってきました。
それらの行事の意味やしきたりを解説しながら、誕生から成人式までのきものをご紹介します。
また、付き添いとなる母、祖母の装いや、子供の着つけやヘア・メイクまで網羅。
この一冊で成長祝いのすべてが分かります。子供の成長を晴着で祝い、
健やかなれと願う親心のお役に立てますように。


 
posted by kimono at 14:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

美しいキモノ ------ アラウンド60の社交着選び・・・■きもの巧者からのアドバイス 60代の社交着選びのポイントとは

 
美しいキモノ

□ 2009/02/20発売号



アラウンド60の社交着選び


■60代になっても輝き続ける女優 前田美波里さんが装う洗練された社交着

■きもの巧者からのアドバイス 60代の社交着選びのポイントとは

■華やかなシーンに似合うゴージャスなきもの

■近しい友人と趣味の会にお出掛け

■帯で雰囲気を変えて幅広いシーンで装う


 
posted by kimono at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

美しいキモノ----- いざという場面でおしゃれに装うために“いざ!とき”コーディネイト術・・・着こなしのイメージで決まる「小紋」最新スタイル・・・

 





========================


美しいキモノ

□ 2008/11/20発売号



着こなしのイメージで決まる
「小紋」最新スタイル

いざという場面でおしゃれに装うために
“いざ!とき”コーディネイト術

中谷美紀さんが装う
白洲正子のきもの美




着こなしのイメージで決まる
「小紋」最新スタイル



気軽な街着として、ちょっとしたお出掛け着として幅広いシーンで活躍する人気の小紋。最近ではカジュアルなシーンだけでなく、華やかな場面にも小紋で装いたいという方が増えてきました。どの場面でどう着こなすとよいのかをテーマに、小紋のおしゃれの最新スタイルを特集します。


マダムのきものデビュー作戦[第4回]
いざという場面でおしゃれに装うために
“いざ!とき”コーディネイト術



自分のおしゃれスタイルを確立しつつある四十代からの女性が今注目しているのが、きもののおしゃれです。この特集では、きものを着たいマダムを三つのライフスタイルに分けて、きもののおしゃれの楽しみ方を提案してきました。今号ではいざという晴の場面に、おしゃれをがんばりたいお出掛けに、素敵に装うためのコーディネイト法をご紹介します。


NHKスペシャルドラマ『白洲次郎』出演
中谷美紀さんが装う
白洲正子のきもの美



来年、NHKで放映されるドラマ『白洲次郎』。女優の中谷美紀さんが妻である白洲正子の役を演じます。放映に先駆け、中谷さんが白洲正子さんご自身のきものを白洲夫妻が暮らした旧白洲邸「武相荘」で着こなします。優れた審美眼が選んだ白洲正子さんのきもの美の世界を中谷さんと一緒に訪ねてみましょう。


来る2009年の幸運を願って
開運!吉祥模様のきもの



気持ちも改まるこの時期にお薦めしたいのが、吉祥模様のきものです。昨今、話題の風水で、来年、幸運を呼び寄せるとされる模様のご紹介とともに日本古来の代表的な模様のルーツまで、総合的に吉祥模様をご紹介します。


おしゃれGOGO!スタイル
きもので行きたい鎌倉注目スポット



今年創刊55周年を迎えた小誌の記念特集「おしゃれGOGO(55)!スタイル」。今号で最終回を迎えました。女優としてテレビやCMで活躍中の吉瀬美智子さんと人気モデル春香さんに、古都・鎌倉を案内していただきます。


装いの要になる
冬限定スパイス小物



年末年始はパーティなど、お集まりの会が増える時期。素敵な小物できもの姿を引き立てましょう。この特集では、クリスマスやお正月に似合うさまざまな小物から、新作の帯〆、帯あげ、バッグ、ぞうりに加え、素敵なきもののプロ5人が選んだ、この冬に手に入れたい小物もご紹介します。


【別冊付録】きものの知恵100


 
posted by kimono at 14:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

美しいキモノ-----琳派の美・・・時代を超えてきものに受け継がれる意匠。  NHK大河ドラマ「篤姫」と絢爛たる衣装・・・

 
美しいキモノ

□ 2008/08/20発売号




人気の紬をもっとおしゃれに着こなすための
紬センスアップ講座

時代を超えてきものに受け継がれる意匠
琳派の美

NHK大河ドラマ「篤姫」と絢爛たる衣装





マダムのきものデビュー作戦[第3回]
人気の紬をもっとおしゃれに着こなすための
紬センスアップ講座



自分のおしゃれスタイルを確立しつつある四十代からの女性が今改めて注目しているのがきもののおしゃれ。きもののおしゃれを再スタートさせた「きものマダム」のためのこの特集、第三回目は根強い人気を誇る紬を取り上げます。カジュアルなシーンから、よそゆきの場面まで、「きものマダム」ならではのワンランク上のおしゃれな紬の着こなしを提案します。


尾形光琳生誕350周年記念
時代を超えてきものに受け継がれる意匠
琳派の美



本年は、江戸時代の大芸術家・尾形光琳の生誕三百五十年に当たります。東京国立博物館ではこの秋、琳派を代表する本阿弥光悦、俵屋宗達、尾形光琳、尾形乾山、酒井抱一、鈴木其一の六人を中心に、「琳派芸術」を余すところなく展覧する「大琳派展─継承と変奏─」が開催されます。ここでは、代表的な作品を見ながら「琳派の美」をご紹介いたします。


宮崎あおいさん初登場!
NHK大河ドラマ 名場面でたどる
「篤姫」と絢爛たる衣装



原作・脚本・主人公すべてが女性という大河ドラマ「篤姫」が今人気を集めています。篤姫を演じる宮崎あおいさんが振袖姿を披露しながら、篤姫への思いを語るとともに、話題の豪華衣装を名場面とともにご紹介します。


華麗な装いから趣味的な一枚まで
シーンに合わせて選ぶ「パーティ訪問着」



晴やかに装う日には訪問着がお勧めです。この特集では、萬田久子さんの印象的な盛装の着こなし、華やかな宴にふさわしい華麗で艶やかな装い、趣味性が薫るシックな着こなし、の三つの章に分けて盛装の訪問着姿をご紹介いたします。


秋の婚礼や叙勲の席に
黒留袖と色留袖



華燭の典を盛り上げる親族の黒留袖は、ふたりの輝かしい将来への祈りを込め、格調と気品あふれる模様を選びたいもの。華やかな色留袖は、婚礼のほか、叙勲や記念の式典に適う優美な装いとして、幅広く着用できるのが魅力です。ここでは、祝宴に映える留袖の典雅な着こなしをご紹介しましょう。


思い出に残る愛らしさを
きもので迎える七五三



子供たちの健やかな成長を祝う七五三。第一部では、記念に残る晴の日のお祝い着を紹介。第二部では、昨年、今年に七五三を迎えたお嬢様、お坊ちゃまの素敵な晴姿をご披露いただきました。
【第一部】新作から選ぶ今年の祝い着
【第二部】特別取材!素敵なお祝い着、披露します


「古渡り」から現代のきものまで
更紗の魅力



古く、南蛮船で舶載された更紗は、異国の草花や人物などを産地のローカルカラーで染めた木綿の裂でした。まず上流に、そしてしだいに庶民のもとへと広がり、江戸時代には、大流行をします。その後、現代まで、茶人の裂としてはもちろん、趣味のきもののなかで多くのファンを魅了しています。ここでは、「古渡り」から現代のきものまで、更紗の製作工程を含めてご紹介します。


別冊特大付録
【保存版】きものリフォーム事典



第1章 デザインを変えるリフォーム術
第2章 寸法を直して仕立てる
第3章 きものを修復して生かす
第4章 裂地を生かすアイディア集
第5章 自分でできる小物
第6章 知っておきたい リフォームのチェックポイント
第7章 リフォームを学ぶ・頼む 「スクール&ショップ」



染め帯カレンダー・秋55選

和菓子季(3)月明かり

志村ふくみ・洋子「東と西の織色語り」(3)「響き」

木村孝の「色を知り、彩を楽しむ」(3)

池田重子の「おしゃれの醍醐味」(3)上質の美を求めて

清水ときの誌上きもの大学(7)「村山大島紬」

きものカフェ

きもの美人計画(3)「今年流」

読者が実践する きものでチャレンジ!スペシャル


 
posted by kimono at 15:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。