2011年08月21日

「高級ゆかた」でおしゃれ度アップ作戦.....長谷川京子さんが着こなす大人ゆかた......

美しいキモノ
□ 2011/05/20発売号


「高級ゆかた」でおしゃれ度アップ作戦
きもの大好き!お出掛け大好き!のきものファンの皆さまに贈るファッション連載「私たち、きものLOVERS!」。
春号よりスタートした新シリーズの第二弾は夏きものの代名詞・ゆかたの着こなしをご紹介します。
おしゃれな皆さまにお勧めしたい、きもの風に着こなせる高級のゆかたを一挙に取り上げます。

・「高級ゆかた」でおしゃれ度アップ作戦1章
長谷川京子さんが着こなす大人ゆかた

・「高級ゆかた」でおしゃれ度アップ作戦2章
大人の着こなしを約束する「高級ゆかた」着こなし術

・「高級ゆかた」でおしゃれ度アップ作戦3章
半衿付き?なし?着こなし幅アップのコーディネイト実例

・「高級ゆかた」でおしゃれ度アップ作戦4章
着こなし幅を広げる帯結びベスト7


●小紋と紬で夏稽古●
夏のきものは、季節感のある模様と生地の種類が豊富で、選ぶときには迷うほどです。
ここでは、夏らしい涼やかな小紋と、透ける魅力いっぱいの絣織物を中心に、
夏のお稽古にふさわしい装いをご紹介します。


●日本の風土が育てた自然布のきもの●
日本の夏の蒸し暑さは、各地で特徴ある夏織物を育てました。
中でも、自然の植物を素材にした布はまるで野山の風や光をそのまま身にまとう心地がするため、
愛好家は夏をまちこがれます。
ここでは代表的な自然布のきものと、希少な素材の帯をご紹介します。


●昭和天皇から紀宮清子さまに至る 日本のロイヤルウエディング●
風薫る四月、英国のウィリアム王子の結婚式が華やかに行われ、世界の注目を集めました。
これを機に英国同様、長く受け継がれてきた日本の皇室の結婚式を改めて見つめ、
伝統衣装の重みを考えてみました。
ここでは昭和天皇から紀宮清子様に至るまでの婚約時代やご婚儀を中心に、
華麗な宮廷装束や優雅なきもの姿をご紹介いたします。


●博多織を訪ねて●
江戸時代に幕府に献上されたことから名づけられた仏教道具に想を得た献上柄に代表される博多織の帯。
経糸ぶ七〇〇〇本以上を用いるため、固くしまったしなやかな帯地に織り上がります。
現在では、幅広いデザインの帯やきものが作られています。
今回編集部は、博多織の故郷福岡を訪ね、博多織の魅力に迫る大特集です。


●新連載 祗園 甲部新人芸舞妓の四季●
結い上げた日本髪に艶やかなお引き姿――いにしえの都、京都の舞妓さんや芸妓さんに憧れる女性は多いのではないでしょうか。
以前小誌の十三参り取材などにご登場いただいたお嬢さまがこの度、
めでたく祗園甲部の舞妓・紗月ちゃんとして店出しをすることになりました。
そして同じ日に衿替えをし、芸妓になることになった紗矢佳さん。紗矢佳さんのお母さまも、小社とのご縁がある方。
深い縁を感じさせるおふたりの新人芸妓としての日々をご紹介する新連載です。
普段なかなか目にすることのできない花街の行事を、
初回スペシャルとして拡大十二ページでご紹介いたします。


●おしゃれの気合いで暑気払い 涼を呼ぶ夏小物●
装いの仕上げは、涼やかな小物使い。夏ならではの小物を選べば、
おしゃれの完成度もいっそう高まります。
透ける生地は自然布など、多様な素材も夏小物の楽しみ。
小さなおしゃれで涼しくなりましょう。


●裏表紙から きもの好き133人の夏姿ファイル●
東京・中部、関西、福岡の3つのエリアから、
きもの好きの読者の肩に自慢の夏姿で登場していただきました。
100以上のバリエーション豊かなコーディネイトや、
すぐにでも実践できるおしゃれテクニックがぎっしり。
夏のきものの楽しみ方やこの夏の装いをヒントにしてみてはいかがでしょう。


■特別別冊付録 自分でできるヘア・カタログ■

きもののヘアスタイル
第1章
part1
誌面でおなじみ トップスタイリストによる
「自分でできる」きものヘアスタイル
part2
保存版 きものヘアスタイル オーダーシート

第2章
実力派スタイリストによる
「自分でできる&オーダーしたい」きものヘアスタイル
ゆかたのヘアスタイル

第3章
トップスタイリストによる
「自分でできる」ゆかたヘアスタイル

第4章
実力派スタイリストによる
「自分でできる」ゆかたヘアスタイル
簡単3ステップでできるヘアスタイル

第5章
楽々・シンプル・超簡単
「旅先でできる」ヘアスタイル

第6章
「美しいキモノ」愛読者の皆様ご推薦
きもの愛好家行きつけの美容室ガイド

posted by kimono at 15:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。